緩急

こんばんは。牛田敦之です。 皆さん緩急をつけてラリーをしているでしょうか!? 自分の得意なペースが相手にとっては得意である場合があり、知らない間に不利な状況になっていることがあります。その時に使うのが緩急です。 速いボールだけではなく遅いボールも上手く使い分け一定のリズムを崩し相手のミスを誘います。他にはスピン量やスライスなど様々ありますが遅いボールでも十分効果的です。 遅いボールは時間、精度、リズムを変える。など利点もあり、これを頭に入れておくだけでプレーの幅が広がり有利に立ちやすいです。

勝敗にこだわりすぎない

こんばんは。牛田敦之です。 勝敗にこだわりすぎないようにするのが大切です。 ポイントを取られて落ち込む必要はありません。まずは今まで練習してきたことが出来ているか課題を意識して出来たかを確認します。もし出来ているのであればポイントを取られても大丈夫と思い次に挑みましょう。 勝敗だけに左右されると今一番やらなければいけないことを忘れがちになり結果負けてしまうのでこだわりすぎないように目の前の課題をしっかりと取り組み結果勝ちに繋がるようにしていきましょう。

自分の打点

こんにちは。牛田敦之です。 ボールが狙った所にいかない、安定して入らない人はもしかすると自分に合ってる打点で打てていな可能性があります。そこで自分に合う打点を探してみましょう。 目安としては力がもっとも入る打点で打つことが1つ目安になります。人それぞれグリップ、手足の長さなど違うのでまったく一緒の人はいません。自分で力がもっとも入る打点を探し毎回そこで打てるとコントロールも安定し狙った所にいくようになります。 まずは自分に合う打点探しから行ってみましょう。

振り返らない

こんにちは。牛田敦之です。 ダブルスの前衛は後ろを振り返ってはいけません。 なぜなら、振り返ってしまうと次の相手の動き相手のショットへの対応が遅れてしまいます。 よく後ろを見てしまって次の行動が遅れている人がいます。 大事なのは相手の後衛、前衛をしっかりと見て自分の次の行動を決めることが一番大事になります。 是非、ダブルスで実践してみてください。

フィニッシュ

こんにちは。牛田敦之です。 フィニッシュは一発で決める必要はありません。 大切なのは焦らずじっくりとアドバンテージを作ることです。よく見かけるのが中盤で決め急いでしまいミスをするパターンが多く終盤まで我慢出来ていません。 例えばサービスライン付近のボレーは非常に一発では決めきることは難しいため、まず一本返し次ネットにつめ決めるケースでも十分有効である。 焦らず、一発ではなく2〜3回のボレーで決れるよう落ち着いてプレーしていきましょう!