杉並区 世田谷区 港区 目黒区 中野区でのテニスプライベートレッスンはTennis-Peakbalにお任せ下さい。

Tennis‐Peakbal事務所のご案内 

画像クリックで拡大表示します。

画像拡大
 
外階段から2階に上がると…Tennis‐Peakbal事務所です。
画像拡大
 
事務作業やスタッフミーティング、展示会(商品説明)、スタッフ希望の方の面接などを行っています。
画像拡大
 
最初は真っ暗なスペースでしたが真っ白に塗り替えてもらい、気持ちよく仕事が出来ております。
画像拡大
 
新品のガット張り機&Peakbalとして購入したストリングスもありますので、各自時間があるときに自由に使っています。

COACH PROFILE

Koutaro Hayashi
Koutaro Hayashi
コーチのブログ
Tennis-Peakbal代表 林 紘太郎(はやし こうたろう)
 

1981年4月2日生まれ 東京都出身
 
早稲田大学卒業(体育会・サークルとも所属しておりませんでした)
 
テニス歴20年
 
テニスコーチ歴 15年(テニススクール8年、独立後フリーで7年)
 
スペイン・オーストラリア・アメリカへテニス留学経験あり
 
日本ランキング最高(シングルス) 169位
 
日本国内ツアー(JTA大会)ベスト4が2回、ベスト8が6回
(北海道インドアテニス選手権ベスト4、福井県トーナメントベスト8など)
 
草トーナメント 優勝30回以上(シングルス)
 
草トーナメント ダブルスも多数優勝経験あり
 
 
 
Tennis-Peakbal 事務所:東京都中野区東中野 1-14-26-2F
 

 

 
水田康晴
Yasuharu Mizuta
コーチのブログ
水田 康晴(みずた やすはる)Tennis-Peakbal 所属プレイヤー兼アシスタントコーチ
 

1988年3月25日生 愛知県出身
 
名古屋高校 ⇒ 亜細亜大学
 
シングルス 日本ランキング323位(9月末日)
 
主な実績(シングルス)
・三重オープンベスト4
・東海毎日オープンベスト8
 
使用ラケット&ストリングス
・バボラのピュアコントロール
・ルキシオンの4G120
 
Tennis-Peakbalブログにて日々更新中。
 

 
 
牛田 敦之
Atushi Ushida
コーチのブログ
牛田 敦之プロ(うしだ あつし) Tennis-Peakbal サポートプレイヤー兼アシスタントコーチ
 
ジュニアデ杯 日本代表選手
元世界ランキング保持者

1987年7月1日生
 
私立杜若高等学校 ⇒ 亜細亜大学
 
◎過去最高ランキング
・日本ランキング シングルス 29位、ダブルス 47位
・世界ランキング シングルス 1614位
 
◎主なジュニア戦績(小学生~大学生時代)
・全国小学生大会出場
・平成21年RSK全国ジュニア大会 優勝
・全国中学生大会 べスト4
・インターハイ2年連続出場
・インカレ室内ベスト8
 
◎主なプロ戦績
・関東オープン ダブルス 準優勝
・JTTアオノオープン シングルス ベスト4
・JTTブリヂストン毎日トーナメント(毎ト―) シングルス ベスト4
・柏フューチャーズ  シングルスベスト16
・グアムフューチャーズ シングルスベスト16
・全日本選手権(一般) 出場 3年連続出場中
 
※フューチャーズ=世界ランキングが取れる国際大会。
※JTT=日本国内のトッププロがほとんど出場する大会。グレードとしては
 全日本選手権の次のレベル。
 

 
 
横山 大賀
Taiga Yokoyama
横山 大賀(よこやま たいが) Tennis-Peakbal 所属プレイヤー兼アシスタントコーチ
 
日本1997年11月4日生
 
駒澤大学高校 ⇒ 駒澤大学
 
区民大会シングルス優勝
区民大会ダブルス準優勝
東京私学大会ベスト16
西多摩オープン優勝(JOPジュニア)
大磯フェニックスオープンジュニア(JOPジュニア)優勝
 
高校3年の夏引退まで林のレッスンを週1回受講。
高校卒業後は大学生活と並行し、JTA公認大会に挑戦中。
 


テニスコーチ・林紘太郎の軌跡


●START テニスを始める

初めてラケットを握ったのは高校入学後。ここから私のテニス人生がスタートします。高校を卒業した後、1年の浪人を経て希望していた早稲田大学・スポーツ科学科に入学しました。1年生の時にテニスから離れた時期もありましたが数ヵ月後に復帰します(今ではここの決断を悔いています。)テニスコーチは大学に入ってすぐに始めました。ただ、この頃の自分はまだまだ未熟で、指導方法も何もわかっていませんでした。


 

●SLUMP 苦悩と模索の時期

年齢的にはもっとも脂が乗る時期とされる20代中盤、私のテニスの実力は低迷していました。練習すればするほど自分のテニスがおかしくなっていくような泥沼状態。それでも、「長い時間一生懸命やれば上手くなる」との言葉を信じ、闇雲に、真面目に練習を続けました。周りから掛けられる言葉は、「何も考えるな」「焦るな」「力抜け」「自信を持て」といった抽象的なものばかり。もちろん試合に出ても勝てません。根本にある問題に気付くことなく、ただ枝葉の部分をいじるばかりの日々が続きました。自分自身がそんな状態だったので、当然コーチとしても的確な指導をすることはできませんでした。(自分の感覚や今まで教えられた抽象的なアドバイス・テニススクールのマニュアル通りのアドバイスを送っていました)


 

●TURNING POINT コーチとの出会い

試行錯誤を繰り返す中、あるコーチとの出会いによって、私の前に希望の道が開けてきました。そのコーチは「打ちたい所に打てない原因は、効率良く体を使えていないからだよ。今の身体の使い方だとどれだけ練習しても、いつまで経ってもボールに自分の意思が伝わらず、コートに入らないと思うよ」と教えてくれたのです。まさに衝撃的でした。このとき、「自分がやっているテニスの延長線上に、『本物のテニス』はない!」と直感しました。


 

●STUDY & LESSON 研究とレッスン、練習の日々

コーチとともに、自分の体を使った研究の日々がスタート。動作解析、バイオメカニクス、スポーツ生理学、スポーツ心理学、スポーツ栄養学、古武術、メンタルトレーニング、パーソナルトレーニングなど、学んだ分野は多岐にわたります。研究・練習と並行して、週1回ペースで数年間そのコーチのプライベートレッスンを受けて技術習得に励みました。(現在は関西で活躍中です。私の目標とする方です。)


 

●DOWNTURN 再び低迷の時期に

研究・実戦に励む中、なかなか思うような結果が出ませんでした。以後数年間、テニスの実力は低迷します。「テニスが上手くなる人は限られていて、センスや才能・身体能力が特別高くない自分にはそもそも無理なのでは……」。次第にそんな否定的な考えに囚われるようになっていきました。プレイヤーとして【テニスの上達を目指すこと】、コーチとして【自分が学んだテニスを伝えること】、そのどちらも諦めようと何度も思いました。


 

●ENLIGHTENMENT ついに開眼!

テニスを諦めず何とか踏みとどまっていたある日、自分の中で突如閃光が走りました。これまで断片的だった知識や身体動きが見事に結び付いていくのを体感したのです。そこで大切だったのは「肩甲骨を使う具体的な方法」。人間の骨のつき方などから理論を考え、研究・実践を重ね、その具体的な方法とそこから派生する効率の良い身体の使い方を明確にしていきました。これが分かってくると加速度的にテニスが上達し、コーチとしてのレベルも目に見えてアップしていきました。まさに開眼したような感覚です。


 

●FAVORABLE ついについに結果を出せるように!

さらに技術を高めるべく試行錯誤を繰り返すと同時に、周りの人からいろんなことを教えてもらいました。プレイヤーとして、自分のテニスが日々進化していることを実感できるようになりました。今まで勝てなかった相手に勝てるようになるなど、テニスの総合力は確実に上がっていきます。自身の日本ランキングも、数年間300位くらいだったのが、目標であった180位を上回る169位にまでアップしました。

コーチとしては、テニス全般に関して「具体的に」「言葉にして」生徒の皆さんに伝えることができるようになりました。もちろん指導理論は以前のものとは全く違います。指導の場面で明らかに目の付けどころが変わり、生徒さんも結果を出せるようになり、現在は毎日様々な方のプライベートレッスンをお引き受け出来るようになりました。

私は、さんざん遠回りをして、ようやく理にかなっている・筋が通っていると感じる場所までたどり着きました。もちろん常に進化するものです。私も日々研究、実戦は欠かしません。

現在の私には、喜びと同時に、「もっと早く自分の問題に気付き、上達に繋がる情報を知っていたら、こんなに苦しまなくても済んだのに……」という悔しさもあります。だからこそ、みなさんには遠回りして欲しくないのです。これまでの経験・知識を踏まえ、コーチとしてみなさんを上達への最短コースへとご案内していきます。テニス上達の本当の喜びや価値をぜひ体感してください。


 

2016年9月現在

おかげ様で毎日複数の方・グループの方からレッスン依頼をいただいており、Peakbalの理論をもとにして『お一人お一人違って当たり前、その方に合った(その方のテニスのパフォーマンスが上がる)方法を探す』をモットーに、日々レッスンを行っております。

レッスンをさせていただいている方の年齢は、下は4歳、上は82歳です。
テニスのレベルも様々です。

●一般の方は・・・
完全な初心者の方~全国レディ―ス出場1名、市民大会で優勝経験のある方やテニススクールでコーチをされている方が複数名。女子連参加メンバー(参加経験ありの方含め)は30名以上。
合計160名を超え、多くの方にレッスンを受けていただいております。

●ジュニアは・・・
学校でのテニスの授業についていけない方、初心者の方 ~ 関東ランキングTOP10、関東ジュニア出場者4名、全国中学生大会出場者2名、ジュニア世界ランキング保持者など。計100名以上。

詳しくは実績の部分をご覧ください。
目標は個々で違いがあって当たり前です。
個々の目標を達成していただけるように、より良いレッスンを御提供してきます。
日々精進あるのみです。


私のテニスコーチとしてのMISSION(使命)


●MISSION 1
生徒のみなさんのテニスが最短で上達するよう、さまざまな角度からテニスを研究し続け、最高のレッスンを提供する。

●MISSION 2
自身が感じた「テニス上達の本当の喜び・価値」を、一人でも多くに方に実感して頂くためのサポートをする。

●MISSION 3
テニスの上達を通して、生徒のみなさんの人生がより豊かに、より楽しくなるよう、お手伝いをする。

●MISSION 4
テニスコーチの価値・地位を、ワンランクアップさせる。


 

■スクールコーチ時代の【これかな?!】というテニス理論や感覚と、様々な分野の深い知識を得た現在の【これだ!】というテニス理論や感覚は全くの別物になりました。私自身も現在このテニス理論で日々プレーしており、【こうやったらまだまだ上手くなれるぞ!本当に楽しい!】と実感しております。
ぜひこの【テニス上達の価値・本当の喜び】を体感してください。全力でのサポートをお約束致します。
最後に、私は【テニスの上達】は【自身の成長】とイコールだと考えております。テニスを通じて自身の成長(出来なかったものが出来るようになった!)を感じることで、生活・人生がより楽しく豊かなものになると確信しております。そのお手伝いをさせて頂ければ、と思います。



HOME > コーチプロフィール

Follow us

HOME

PAGE TOP